姫路聖マリア病院

健康管理センター

TOP>よくある質問>胃・大腸の検査に関するご質問

胃・大腸の検査に関するご質問

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)を行う際、飲み込むと時に楽にできる方法はありますか?

@ 飲み込む時の苦痛を緩和する為に、咽頭麻酔を行います。(眠れる薬は使用しません)
A 胃の動きが激しいとスムーズな検査が出来ず、苦痛が増します。胃・食道の動きを抑えるお薬を注射します。

鼻からの胃カメラはできますか?

一部の曜日で実施しておりますので、予約時にご相談下さい。


胃部X線検査(胃透視)の特徴は?

@ 胃の形状、場所、食べ物が通過する様子がわかります。
A 胃カメラと比べ、カメラが喉を通過する際の苦痛が少ないです。
B 等身大の病変や胃の形状、狭窄が把握できます。
C 撮影は、何度も体を動かしたり、息を止めたりと、負担に感じることもあります。
D バリウムは便秘を引き起こすことがあるので、検査後に多めの水分摂取が必要です。

胃カメラの特徴は?

@ 胃カメラ→胃の内部を直接観察できるため、胃粘膜の様子が分かります。
A 胃カメラ時に必要があれば、病理組織検査が可能です。
(別途料金が発生しますので、保険証は必ずご携帯ください。)
B 過去に胃・十二指腸の既往歴のある方に適しています。
C カメラが喉を通過する際に苦痛を伴うことがあります。