姫路聖マリア病院

健康管理センター

TOP>人間ドックについて>オプション検査のご案内

オプション検査のご案内

申込方法

人間ドックお申し込みの際か、健診予約日の10日前までにお電話下さい。
検査によっては、予約数に制限がある為、できるだけお早目にお電話ください。

TEL: 079-265-5141  (受付時間 11:00 〜 16:30)

検査項目

検査項目 料金 説明
頭部MRI検査 18,360円 あらゆる方向・角度から切り取った断面画像により、CTに比べ、全方位的に脳腫瘍、脳出血、脳梗塞、脳動脈瘤などの病変の場所、形や広がりを特定できます。 ただし、撮影時間が30分程度と長く、ペースメーカーなど体内に金属が存在すると、検査ができません。
頭部CT検査 12,960円 脳内出血や骨の形状などが詳しく分かり、MRIに比べ、撮影時間が短い(3〜5分程度)検査です。 ただし、X線照射による被ばくがあり、撮影方向は輪切りのみで、血管などの詳細な撮影はできません。
胸部CT検査 16,200円 体内を輪切り状態にしてX線撮影します。立体的画像により、臓器の状態を多角的に鮮明に見てとることができ、早期の肺癌・肺炎・肺気腫などを調べます。
喀痰検査 7,780円 喀痰(かくたん)細胞診検査は気管支から出した痰に含まれる細胞や成分を検査して、肺がんが存在するかどうかを調べます。
頚動脈超音波検査 3,780円 首の動脈に超音波をあて、頚動脈を観察し、血管内膜の厚みに異常が無いかを調べます。 脳梗塞を引き起こす恐れのあるプラーク(1mm以上の壁隆起)や血流状態をピンポイントで確認します。
※月・水・金のみ実施。
動脈硬化検査 3,240円 両腕と両足の血管の脈波や血圧の比較から、血管の詰まり具合や、しなやかさを調べる検査です。 動脈硬化の度合いや、早期血管障害を検出します。
骨密度測定 1,510円 最先端のDXA法で、迅速・正確に骨密度を測定します。 骨密度の低下が進んでからでは遅いので、比較的早い年齢から、定期的にチェックすることをお勧めします。
前立腺検査 12,310円 前立腺がんとは、男性にだけ存在する前立腺から発生するがんです。 前立腺がんは約90%が60歳以上の高齢者に発症し、近年 急激に増えてきています。 採血によるPSA検査・超音波・尿流測定・直腸診・医師診察により、総合的に診断し、前立腺癌をはじめ、前立腺肥大などの疾患を見つけます。
【採血検査】
検査項目 料金 説明
HCV抗体検査 1,940円 採血をして血液中のC型肝炎ウイルス抗体を測定することにより、C型肝炎の感染の有無を調べます。 C型肝炎は進行が遅く、気付かないうちに病気が進み肝硬変になると、10年後には多くが肝臓がんになるというデータがあります。
HBS抗原検査 1,080円 急性肝炎や、肝硬変、肝臓がんへと進展する慢性肝炎を引き起こすB型肝炎ウイルス(HBV)に感染しているかどうかを調べる検査です。
血液型 860円 血液型を調べます(ABO式・Rh血液型)
ヘリコバクター・
ピロリ抗体
2,420円 胃潰瘍や、胃癌と関係のあるピロリ菌の血中抗体量を調べます。長引く胃部不快感のある方や、胃カメラができない時に、お勧めです。 ※ 除菌治療後の効果を見る確定診断にはなりません。
(除菌日から検査日迄の期間が関連)
ペプシノゲン検査 4,320円 採血検査で、血中ペプシノゲン量を調べる事で、胃癌のリスクが高いかどうかを、ふるいにかける検査です。胃炎や潰瘍の有無も推測できます。 ※ 胃カメラ・胃透視検査それぞれには、特性・意義があり、これらの検査を受けなくて良いという訳ではありません。
腫瘍マーカー検査
(CEA・AFP・CA19-9)
4,750円 主に消化器系、肝臓・胆道系、膵臓、肺などの癌で値が高くなります。 腫瘍ができると、健康なときにはほとんど見られない特殊な物質が、血液中に増えることがあります。この物質を「腫瘍マーカー」といいます。がんのスクリーニング(ふるいわけ)として行われます。
※ 喫煙や加齢、飲酒歴、基礎疾患に関連して、検査値が高く出る場合があり、確定診断ではありません。
腫瘍マーカー検査
(PSA)
3,240円 前立腺癌、前立腺疾患で高値になります。早期の前立腺癌の発見にも有効です。尿の出にくい方、50歳以上の男性に、特にお勧めします。
腫瘍マーカー検査
(CA125)
3,280円 卵巣・子宮癌に特に敏感に反応するため、そのふるい分け検査として用いられます。
腫瘍マーカー検査
(シフラ)
3,500円 肺癌の時に特に高値を示します。中でも喫煙者に多い扁平上皮がんでは早期から陽性になる為、早期診断に有効とされています。
甲状腺検査
(TSH・FT4)
2,810円 甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンは、全身に作用する為、異常が起こると全身に様々な症状が現れます。更年期障害やうつ病等にも似た、頑固な不定愁訴、もしかして甲状腺の病気かもしれませんよ。
アミラーゼ・
エラスターゼ
4,690円 膵臓などに含まれる酵素で、主に膵臓に異常があると値が上昇します。採血で値を測定し、膵炎や、腹部エコーで見つけにくい膵臓癌の診断の手がかりにします。飲酒・喫煙をされる方、肥満・胆石・糖尿病・膵炎の既往歴、背部痛がある方、膵臓がんの罹患者が身内にいる方に、特にお勧めします。
リウマチ検査 1,880円 採血で血中の関節リウマチを疑わせるタンパク質(RF因子)を測定します。関節痛や腫れ、朝のこわばり、倦怠感等の症状が続く場合、一度検査をお勧めします。
乳癌検診 料金 説明
@触診・視診のみ 2,590円 マンモグラフィは、視触診だけでは見つけられない、乳がんの初期症状の1つの石灰化を写し出すことができます。 乳房が大きく深部まで超音波が届かない方、閉経後で乳腺が萎縮し、乳房の多くが脂肪に置き換わっている方などは、マンモグラフィが適しています。
※ X線による被爆があり、妊娠中の方は受けられません。
A触診・視診・マンモグラフィー 7,560円
子宮がん検診 料金 説明
@超音波・細胞診(頸部) 4,540円 子宮頸がんは近年20歳代から30歳代の若年層で急激に増加しています。 “異形成”という、いわゆる前がん状態や子宮頸癌を、細胞診検査で見つける検査です。 経腟超音波は、卵巣癌を見つけるのに、特に有効です。
A超音波・細胞診(頸部・体部) 6,480円 子宮の中に検査の器具を入れて、子宮の内面の細胞をとり顕微鏡で検査を行います。 子宮体がん40歳代後半から増加し、50〜60歳代にピークを迎えます。 近年、子宮体がんは年齢に関係なく増加傾向にあります。 不正出血があった人(とくに閉経後に不正出血があった人)は検査を受けられることを、強くお勧めします。
2日ドックのみ、申込み可
検査項目 料金 説明
エラスターゼ 3,010円 エラスターゼは、膵臓などに含まれる酵素で、主に膵臓に異常があると値が上昇します。 早期の膵臓がんに反応して数値が上昇するため、膵臓がんのスクリーニングに有用です。
TEL.(079)265-5141 FAX.(079)265-5004
電話予約受付時間:平日11:00〜17:00  第1・3・5土曜日:8:00〜12:00